« 2014年7月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月11日 (水)

2014年7月の読書メーター

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2424ページ
ナイス数:32ナイス

沈黙の教室 (ハヤカワ文庫JA)沈黙の教室 (ハヤカワ文庫JA)感想
ミステリーの要素と社会問題を訴える要素と。最後まで「復讐者」の分からない展開にハラハラドキドキ。面白かった。もっと広く読んでもらいたい作品だと思いました。今の時代だからこそ。
読了日:7月27日 著者:折原一
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)感想
20年振りに再読。
読了日:7月25日 著者:村上春樹
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
読了日:7月25日 著者:村上春樹
あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)
読了日:7月14日 著者:岡田尊司
白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)感想
凄すぎて圧倒されすぎて感想にならない。会話文が素晴らしかった。とくに女性。「オトコが書いた女言葉」みたいなベタついた不自然さのみじんもなく、それだけでもすごいと思った。
読了日:7月8日 著者:東野圭吾

読書メーター

2014年8月の読書メーター

2014年8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:560ページ
ナイス数:9ナイス

思いを現実にする力思いを現実にする力感想
面白かった。「無名は無力ではない」という言葉が心に響きます。エンタテイメント界の最高峰ハリウッドで、オーディションにより役を獲得し続ける日本人俳優、尾崎英二郎さん渾身の著書。三十代半ばから渡米した決断力と準備力、直感力と勇気はさまざまな職業の人の心に響くだろう。ハリウッドのオーディション風景など洋画・海外ドラマファンにとってたまらない秘話もたっぷり。
読了日:8月28日 著者:尾崎英二郎
パラサイト・イヴ (新潮文庫)パラサイト・イヴ (新潮文庫)
読了日:8月13日 著者:瀬名秀明
ハリウッド・ビジネス10年の変遷 デジタル化とグローバル化に翻弄されるハリウッドハリウッド・ビジネス10年の変遷 デジタル化とグローバル化に翻弄されるハリウッド感想
2000年代前半から現在までのさまざまなレビューを織り交ぜて、当時から今のハリウッド事情を伝えた力作。ハリウッド映画のプロデューサーのクレジットは何故増えたのか、1本の映画に携わる脚本家が数十人に及ぶワケ、世界を対象にハリウッド映画が製作されるようになった背景、映画賞にまつわる各社の駆け引き、CM戦略など読み応えがいっぱい。これはね、映画好きにはたまらん裏話が満載です。めちゃくちゃおすすめ。
読了日:8月1日 著者:片田暁

読書メーター

2015年2月の読書メーター

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1082ページ

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)感想
朝ドラのドジっ子とは全くの別人。本書を読めば、村岡花子がいかに努力して英語を身につけ、命がけで翻訳と向き合っていたかがよく分かる。73歳まで海外へ行ったことのなかった村岡にとって、10歳からの10年間の教育が大きな財産だった。東洋英和への入学というきっかけを与えたのは大人たちだっただろうが、知識という財産を築き上げたのは村岡自身のたゆまざる努力によるものだ。
読了日:2月9日 著者:村岡恵理
シンデレラ―小さなガラスの靴 (ミキハウスの絵本)シンデレラ―小さなガラスの靴 (ミキハウスの絵本)
読了日:2月4日 著者:シャルルペロー,東逸子,天沢退二郎,CharlesPerrault
輪切り図鑑 大帆船―トラファルガーの海戦をたたかったイギリスの軍艦の内部を見る輪切り図鑑 大帆船―トラファルガーの海戦をたたかったイギリスの軍艦の内部を見る
読了日:2月3日 著者:R・プラット
溺レる (文春文庫)溺レる (文春文庫)
読了日:2月2日 著者:川上弘美
ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)感想
チェットが可愛すぎるだろーっ!(「食べてないよ。もう食べ終わっちゃったもんね」みたいなノリとか) 映画化するならバーニーは是非ショーン・パトリック・フラナリーに演じてもらいたい。
読了日:2月2日 著者:スペンサー・クイン

読書メーター

« 2014年7月 | トップページ | 2015年4月 »