« 2013年10月の読書 | トップページ | 2013年12月の読書 »

2013年12月 1日 (日)

2013年11月の読書

2013年11月の読書
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3032ページ

かあさんどうして (クローバーえほんシリーズ)かあさんどうして (クローバーえほんシリーズ)感想
再読。徹底的にそぎ落とされた文章と、豊かに広がる絵本の世界。芸術品。中村悦子さんの絵、昔から大好きですが、本作は最高傑作ではないでしょうか。「ありがとうフクロウじいさん」とは別の味わい。
読了日:11月27日 著者:谷川俊太郎
オルゴールワールドオルゴールワールド感想
さすが『東京デザイナーズウィーク』で『小山登美夫賞』と『川崎健二賞』を受賞しただけの画力! 次回は絵がメインの物語が見たいです。もっと文章を減らして、絵の面積を大きくして。大判の絵本で。文字がなくてもいいくらいな感じで。
読了日:11月27日 著者:にしのあきひろ
パノラマ島奇談・一寸法師・湖畔亭事件 (江戸川乱歩全集)パノラマ島奇談・一寸法師・湖畔亭事件 (江戸川乱歩全集)感想
奇想天外で奇怪で妖艶で毒々しくて恐ろしい。読書して久しぶりに悪夢にうなされた。でも好き。
読了日:11月20日 著者:江戸川乱歩
なんとなく、クリスタル (新潮文庫)なんとなく、クリスタル (新潮文庫)感想
新装版を読了。かっこつけの本文に対して、著者自ら付けた注釈の皮肉が効いていて面白い。とくに人口問題に関する最後の注釈は秀逸。
読了日:11月19日 著者:田中康夫
ビュイック・ドライバー アカシャ宇宙の叡智 (超知ライブラリー)ビュイック・ドライバー アカシャ宇宙の叡智 (超知ライブラリー)感想
学生時代に見た「幻魔大戦」みたいな《気》と《知》をぶつけての戦いが面白かったです。
読了日:11月14日 著者:ゲリー・ボーネル
あきらめの壁をぶち破った人々―日本発チェンジマネジメントの実際あきらめの壁をぶち破った人々―日本発チェンジマネジメントの実際感想
なぜ小説風にしたんだろう。書いてある内容は面白いはずなのに頭に入らないです。事実と対策をビジネスの側面から客観的に書いたほうが分かりやすかったのでは……。プロローグの最初の2行、幼稚な台詞で興ざめ。著書のブログがすごく面白いだけに残念。
読了日:11月13日 著者:中尾英司
新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)感想
快作。怪作。大好き。新宿の高層ビル街が別の姿に見えてくる。破壊的で退廃的な雰囲気がたまらん。ダチュラ!
読了日:11月11日 著者:村上龍
はつ恋 (新潮文庫)はつ恋 (新潮文庫)感想
昼メロ真っ青のドロドロ。そしてヒロインがツンデレ。
読了日:11月4日 著者:ツルゲーネフ
「ツイてる人」の行動法則―超常識でうまくいく!「ツイてる人」の行動法則―超常識でうまくいく!
読了日:11月2日 著者:松浦英行
人生を変える 修造思考!人生を変える 修造思考!
読了日:11月2日 著者:松岡修造
エンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれるエンジェル・ビジョン―きっと天使が助けてくれる
読了日:11月2日 著者:ドリーンバーチュー
蛍川・泥の河 (新潮文庫)蛍川・泥の河 (新潮文庫)感想
すごい。「ザ・文学」。過不足無く表現されてる翻訳のようにひたすら美しい。そして切ない。
読了日:11月1日 著者:宮本輝

« 2013年10月の読書 | トップページ | 2013年12月の読書 »

観たお芝居・読んだ本・絵画展・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511357/58678783

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月の読書:

« 2013年10月の読書 | トップページ | 2013年12月の読書 »