« 塩竈市(塩釜市)スイーツ&調味料:第2弾 | トップページ | Malis さんの音楽(3) »

2012年11月 2日 (金)

夜のとばりの物語(3D・吹替版)感想

Photo
【あらすじ】
 あるビルの一角で年長者の男性と青年、若い女性の3人が物語を創作・上演する。題名は「狼男」「ティ・ジャンと瓜ふたつ姫」「黄金の都と選ばれし者」「タムタム少年」「嘘をつかなかった若者」「鹿になった娘と建築家の息子」の6つ。
 フランスのミッシェル・オスロ監督による、美しい影絵で紡がれる極上の物語。

【感想:繊細な二次元と無理のない三次元の融合】
 この作品では15分前後の短い物語が6つ登場し、すべてが影絵で表現されています。したがって登場人物や動物は全員、黒一色です。従来の3D映画とはその点が違います。

人物や動物、手前の器物や樹木などはあくまで平面の影絵であり、3Dで表現されるのは風景だけです。黒一色の影絵は切り絵のように繊細で美しい。動物の細かい毛並みや、ゆれる樹木の葉、王女や王子たちの装飾品に至るまで丁寧に描かれています。だからこそ観る側は想像力をかき立てられ、影絵に隠された形や色のイメージを無限に広げることができます。

対照的に背後の色は鮮やかです。光を反射して移り変わり、色の濃淡が空気の流れを感じさせてくれます。

これまで3D映画を観ると立体的な効果を狙っているのが透けてちょっと残念だなと思うことがありました。不自然な構図や似たようなシーン(ビルが手前に倒れる/客席に向かってモノが飛ぶ/女性のセクシーショットなど)が目に付くことがあり「無理して3Dにしなくてもいいのでは?」と感じることもありました。


しかし本作は、3D映画のマイナスイメージとは無縁です。「新しいタイプの三次元」をドラマチックに魅せてくれます。

【TVシリーズからの抜粋】
パンフレットによると、本作はもともとTVシリーズとして制作されたそうです。そこから5本を選び、劇場用に3D版を制作したのだとか。短い物語にピリっと皮肉の効いたオチが用意されていて、星新一さんのショートショートや「日本昔ばなし」に共通する面白さがあります。

【すてきな吹替】
ヒロイン役は坂本真綾さん。相手役の青年を逢笠恵祐(あいがさ けいすけ)さん。年長者を金尾哲夫さんほか。

日本語版の翻訳は谷津真理さんです。耳に馴染むセリフ、すてきでした~。ときどき音読みの熟語が入っていて、翻訳者さんのこだわりを感じました。
「映画の吹替版は苦手」という方、ぜひ吹替版でご覧になってくださ
い。

Photo_2
【ポスターのようなパンフレット】
パンフレットは1ページずつに分かれていて、ミニポスターのようです。どれも額に入れて飾れそうなほど素敵! このパンフレットは買いです。

公式サイトはこちらから 

« 塩竈市(塩釜市)スイーツ&調味料:第2弾 | トップページ | Malis さんの音楽(3) »

ドラマ・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のとばりの物語(3D・吹替版)感想:

« 塩竈市(塩釜市)スイーツ&調味料:第2弾 | トップページ | Malis さんの音楽(3) »