« 【ロシアの気温と服装】 | トップページ | 塩竈市(塩釜市)「地元・塩釜応援フェア」のスイーツ »

2012年10月 7日 (日)

【ロシアの治安】

Photo_4           (写真はワシリー寺院(ポクロフスキー聖堂))

モスクワの治安は、節度ある行動を取ればまず問題ありません。

駅周辺や繁華街など人通りの多い場所で気を付ける。ブランド物のバッグや衣服を身につけず、貴重品はチャックつきのバッグに入れてたすきがけなどにする。人目につく行動を取らない。深夜に出かけない。知らない通りを歩かないなど、基本的なことを守れば大丈夫です。

ただ、警察官や軍人の多さに少し驚くかもしれません。私たちが訪れた9月中旬は、たびたびモスクワで反プーチンの集会が開かれており、通りには警察官や軍人のほか、ピエロのような化粧をしたり、奇抜な服装で大きな声を出す青年たちがいました。友人によると、奇抜な格好をしているのは集会に参加している人々ということです。

また駅への出入り口には、空港で見るような金属探知器のゲートが設置され、その先には大柄の警察官がシェパードを連れて監視しています。かなりものものしい雰囲気で、正直ビビりました。友人に聞いたところ、数年前にモスクワでテロが発生してからこの監視態勢が取られるようになったということです。

一方、サンクトペテルブルグはモスクワよりも安全な感じがしました。モスクワに比べて軍人や警察官の姿もかなり少なく、のどかな観光地といった雰囲気です。深夜1時過ぎに開く、観光名所の開閉ブリッジを見に行く人も多いそうですよ(私たちは歩き疲れて眠ってしまい、見に行くことはできませんでした)。

ロシア旅行記:その他の項目はこちらから

« 【ロシアの気温と服装】 | トップページ | 塩竈市(塩釜市)「地元・塩釜応援フェア」のスイーツ »

ロシア旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511357/55838150

この記事へのトラックバック一覧です: 【ロシアの治安】:

« 【ロシアの気温と服装】 | トップページ | 塩竈市(塩釜市)「地元・塩釜応援フェア」のスイーツ »