« 映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 「コーラスライン」&「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」 »

2010年6月 1日 (火)

中村悦子絵本原画展

※2010.4.14~25(4.19休)
羽村市生涯学習センターゆとろぎ展示室

Gengaten2_3

おかあさんになるってどんなこと』『ありがとうフクロウじいさん』のほか最新作『かあさん どうして』(谷川俊太郎 詩/中村悦子 絵 佼成出版社 ISBN:978-4-333-02448-3)の一部(十数枚)を展示。

【感想】
「すごい!」のひと言。
最新作『かあさんどうして』の原画は群を抜いて素晴らしかった。こんな画家さんが日本にもいるんだなあ。ホントにすごい。それしか言いようがない。何メートルも離れた場所から熱風や光線みたいなのを出してるんですよ、絵が。

『おかあさんになるってどんなこと』も『ありがとうフクロウじいさん』も素敵な作品だし、原画展には無かったけど『ディロン―ずっとそばにいるよ』も好き。
でも『かあさん どうして』は別次元に美しかった。空はターナーの水彩画のように繊細で、きらめいていて、ペンと絵の具で描かれた草や樹木は優しくあざやか。緑色ってとっても難しい色なのに、中村さんの描く緑のなんてステキなことか! 動物は写実的かつ文句なくかわいらしい。中村さんの絵を見ていると、映画「ミス・ポター」の世界と重なる。

絵本の出版は6月。届くのが待ち遠しい。また原画展やってください。

※書籍情報を追記しました。こちらこちらもご覧ください

« 映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 「コーラスライン」&「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」 »

観たお芝居・読んだ本・絵画展・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511357/48507781

この記事へのトラックバック一覧です: 中村悦子絵本原画展:

« 映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 | トップページ | 「コーラスライン」&「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」 »